アイプチって本当に効果あるの?

Presented by:アイプチって本当に効果あるの?

アイプチ歴最長10年の意見を参考にしてみよう!

二重の線が薄く、はっきりしていなかったので使用していた。くっきり二重になるとアイラインを引くのが楽で、またアイシャドーが綺麗にまぶたにのせられました。

31歳・使用アイプチ:
アイテープ3年

16歳から21歳までほとんど毎日アイプチしていました。薄く二重の線はつきました。二重の線がついてから、見た目は二重に見えるようで、一重なんだぁと言うと、え?二重じゃん!と言われるくらいにまではなりました。

28歳・使用アイプチ:
のりタイプの100円くらいのアイプチ・5年

アイプチをしていたら、確かに目元がぐっと上がりますが、ノリがメイクの上からも目立ってそれが四六時中気になって大変でした。それで家に居てメイクをしていない時に活用していました。寝る時にも出来るといった情報をよく目にしますが、それでは熟睡できないと思って、いつも起きている時に使用するようにしています。

40代・使用アイプチ:
ユージーアイトークエクセレントV2か月

アイプチをする前は線も全くない一重目だったので、アイプチをするようになってからは、アイラインが引きやすく、二重の幅が出来るので、アイシャドウが塗りやすくなりました。アイラインも目尻の隙間を埋めるように引けるので、目がはっきりと大きく見えるようになりました。

30代・使用アイプチ:
キューティ・キューティZ

中学生のときから高校1年生の途中まで使っていました。一重が二重になるので目も大きく見えるし、アイメイクは最初はアイプチをしているのがばれないように隠すのが大変だったけれど慣れれば出来るようになりました。

20代・使用アイプチ:
キューティ・キューティZ

うまくできたときはきれいな二重になりました。うまくできなかったときは、あまり時間が経たないうちに効果が薄れてきてしまいます。アイメイクもしやすいですし、ビューラーでまつげを上げることでアイプチの効果も長続きするように感じました。

26歳・使用アイプチ:
アストレアヴィルゴアイビューティーフィクサー・半年

二重に見えるようにすることで、目の印象を少しは強くすることができるようになりました。アイメイクだけで、目の印象を変えるのはテクニックが必要ですが、アイプチを使うと、特別な技がなくともそれなりに整えられると思います。

30代・使用アイプチ:
アイトーク18年

私の場合、重ための一重なのでパッチり二重を目指すのではなく、アイプチを使って奥二重にしています。最近では、全然アイプチを使っているようには見えずに自然に目が二重できるようになりました。慣れてくると、まぶたに癖がついてくるのでアイメイクの時間も減ってきました。

20代・使用アイプチ:
eyetalk半年

アイプチを10年使用していますが、片目だけ二重になりアイプチするストレスや時間が少し軽減された感じです。でも浮腫んでいる日などは一重に戻るので両目アイプチしています。アイプチをする事で顔の印象がだいぶ変わるので化粧もしやすくはなります。

30代・使用アイプチ:
アイビューティーフィクサー・10年くらい

元々奥二重の目ですが、目が小さい私がメザイクをするととても化粧映えします。見た目は目頭までくっきりな二重になるので、洋風な外人風メイクもできます。今までと違ってアイラインがよれたりしなくなったので自分の理想のメイクができるようになりました。

26歳・使用アイプチ:
メザイクのファイバーを3年、100円均一のテープ1年

アイプチのデメリットも知っておこう

アイプチは比較的若年層の人が多くやるため、そのデメリットについてあまり知らない間にやってしまう人も多いです。

アイプチはものにもよりますが、かなり目の周りに負担がかかります。

そのため、まぶたが伸びてしまったり、シワができやすくなったり、色素沈着が起きてクマが残ることもあります。

早く二重まぶたにしたい!と思えば思うほど過剰になり、二重の前にかなり老けた目元になってしまう可能性もあります。仮に内出血などが起きると青クマになって残ることもあります。青クマは茶クマと違ってほぼ治らない種類なので、アイプチをする際はできるだけソフトに、なるべく目の周りを触らないようにしてください(cf.青クマの原因と対策の難しさについて

たるみ、青クマは自己ケアではほぼ解決不可能です。たるみは外科出術で可能ですが、かなりリスクもあります。

アイプチは目元をくっきりさせて目立たせるためのものですが、アイプチのやり方を間違えると違う意味で目元が目立ってしまいます。

これらのトラブル予防方法としては、普段から目の周りの乾燥を予防すること。これは茶クマ予防、改善にもなるため、普段からやっておくべきです(cf.茶クマ対策について)。

またアイプチの成分が目に入らないように。視力に影響が出ないともいえません。あまり二重にこだわりすぎて、無茶なことはしないようにしましょう。